メインの一日 > 脱毛サロンに行ったからって、すぐ

メインの一日

脱毛サロンに行ったからって、すぐ

脱毛サロンに行ったからって、すぐに効果があるわけではありません。毛には「毛周期」と呼ばれている、毛が生えてから抜けるまでの一定の周期があります。



これに合わせて脱毛をしないと、完全にムダ毛無しにはならないのです。
だから、一回のみの脱毛で毛が生えなくなることはなく、最低でも3カ月間はかかります。病院での脱毛は安全性が高いとされていますが、そういうことだからといって全く危険が伴わない訳ではありません。



医療脱毛にも、火傷やニキビはたまた毛膿炎などのリスクが伴います。

医療機関での脱毛に限らず、こういったリスクはエステ脱毛でも発生する可能性があるものです。

脱毛する時は、ちょっとでも評価がいいところで施術してもらうのがオススメです。

ここ最近、料金設定を時間制にしているクリニックの数が右肩上がりです。
医療脱毛といえば高いと感じるかもしれませんが、「レーザーし放題30分」というプランであれば、気になっている箇所を全部まとめて一回で脱毛を行うことが可能になってくるかもしれません。

腕であればこの程度で十分だけど、脇と脚の部分はさらに脱毛した方が良さそうだな、と感じるケースでも都合が良いです。



脱毛を自宅ですることもでき、その場合には、ご自分の都合のよい時に脱毛できるので、手間がかかりません。自己処理の定番として剃刀を使いますが、皮膚を痛めなくとも方法としてはほかにも処理が簡単なものとして、脱毛剤もよいでしょう。技術開発は脱毛の分野にも及んであり、多種多様な脱毛剤が発売されていて、毛根から除去するものもあれば、溶かすものもあります。脱毛サロンのカウンセリングにおいては、質問事項にできるだけ正確に答えるようにするのがベストです。
トラブルがちな肌であったり、アトピー性皮膚炎の方は、脱毛を受けることができない場合もあるのですが、体質を内緒にしていて肌にトラブルが起こったとしたら、困るのはあなたです。そして、疑問に思うことがあるならどんどん質問するようにしてください。

イーモは2連射モードが可能で、比較的お手頃価格で購入できる家庭用脱毛器です。
サロンでもおなじみのフラッシュ脱毛方式を採用しています。

1カートリッジあたり6000ショットできるので、1照射につきわずか1.4円。他の脱毛器に比べてダントツに安いのです。一度照射すると、次に使えるようになるまで10秒程度待ちます。



でも、2連射できるモードを選べば、この時間はなくて済みますね。3連射できる後継機が発売されたものの、イーモのコストは魅力的です。後継機が出たためにいまなら在庫扱いでセール価格で販売しているお店もあります。


お得な価格でフラッシュ脱毛器が入手できるので、狙い目かもしれません。脱毛サロンの支払い方法と言えばローンや前払いが多い印象がありますが、最近は月額制のサロンも増えつつあります。
月額制は手軽でサロンに通いやすくなるでしょうし、額によっては安いと感じる人もいるでしょう。

でも、毎月きちんと払い続けるのが月額制、行かない月の分も支払いをするので、契約の内容にもよりますが分割払いと違いはなくなるかもしれません。利用期間や通いの頻度、一回ごとの施術範囲、利用中止の時に違約金はかかるのかどうかなどを把握しておきましょう。

トライアルの医療脱毛を受けられる美容外科や美容皮膚科もあるため、積極的に訪れてみてください。医療脱毛はレーザーの種類でどのくらい痛みを感じるかが変わってきますから、実際に施術を受けてみて、自分にとって我慢できる痛みなのか確かめてみましょう。また、医療脱毛ではお得なコースを受けてみるだけでも、脱毛効果を身を持って感じることがあるそうです。市販されている脱毛器は、使用者の安全が確認された上で市場に出荷されます。ただし、メーカーが禁止している方法で使用したり、使用方法を間違えると、思わぬ肌トラブルになってしまうことがあります。

同梱されているクイックステップガイドなどは注意点について書かれていないこともあるので、取扱説明書をきちんと読んで、安心して使用できるようにしましょう。



光を照射するタイプの脱毛器具の場合はとくに、厳密に使用方法を守った方がトラブルがありません。

使ったあとの器具のかたづけも説明書を見ながら行い、次も気持ちよく脱毛できるように整えておきましょう。うなじの脱毛を光脱毛で行うときには、施術が18回にのぼることを覚悟して施術を受けるようにしてください。

うなじは頭部に近い上、産毛がほとんどないので、多くの場合、光脱毛ではそれほど美しくならないでしょう。ただ、人によっては、6回の施術で満足した方もいるので、人によって異なります。



完璧にすべすべにしたいなら、光脱毛よりも電気脱毛の方がいいかもしれません。
Copyright (c) 2014 メインの一日 All rights reserved.
▲ページの先頭へ