メインの一日 > 期間的にどの程度、脱毛サロンに通えばいいかというと

メインの一日

期間的にどの程度、脱毛サロンに通えばいいかというと

期間的にどの程度、脱毛サロンに通えばいいかというと1年から2年というのが一般的でしょう。



一旦サロンで処置を受けると、次回の施術を受けるのは約2ヶ月の間隔をあけてからになりますので、どう進めても1、2年かかってしまうというのが実際のところです。発毛サイクルに合わせて脱毛のプロセスは進められますから、これを無視して短期間に何度も施術を受けたとしても、効果はありませんし、それどころか皮膚トラブルを招くかもしれません。



こうしてみると思ったより長期間のサロン通いになりそうで、しかも効果はすぐには出てこないので、かなり粘り強さが必要となりますが、しかし結果は出ます。


焦ってはいけません。


脱毛エステでエステティシャンが使用している施術用機器は、市販されていて簡単に手に入れることができる家庭用の脱毛器に比べるとはるかに強めの光を照射できるものです。また、照射範囲も広いですから、より短い時間で脱毛を終わらせることができるのです。ただし、医療系の脱毛クリニックで使われている機器と比べてみると出力の威力が弱めですので、永久脱毛はできないというわけです。その代わりに、痛みに関していえば比較的楽に感じるレベルで、肌へのダメージも軽くなるという恩恵があります。

おすすめできる脱毛器は光脱毛タイプは良いですね。



お肌に当てる光の強さを調整できるからです。電熱カッターは毛先が丸くなってチクチクしないという利点はありますが完全にキレイにするのは難しいですし、トゥイザーと呼ばれる毛抜きを備えたヘッドで効率的な脱毛を謳っているものは、肌への刺激や負荷を避けられないうえ、また生えてきて自己処理する手間もあります。
その点、光脱毛タイプは脱毛サロンのようなプロの施術ほどではありませんが、ほかの方式と違って、生えてくる毛を減らすことができます。照射する光の強さを調整することで、ちくちく感や痛みを軽くすることができて、脱毛後の不快感がなくて済むのです。サロンで光脱毛を受けるときには、事前に準備が必要です。施術前にしっかりと施術する部分のムダ毛を自分で剃って、処理しておかなければなりません。

光脱毛は毛根のメラニンに光を照射して脱毛するので、ムダ毛が残っているとうまく毛根に光が当てられないばかりか、ムダ毛のほうに当たってしまったりするため、効果は得られません。せっかく予約したのに施術が受けられなかったり、もしその場でムダ毛を剃った上で施術してもらえるとしても施術時間は減ります。
安全上、最初に受けた説明をまた受けなければならなかったりすることもあります。ちゃんと準備しておけば、こうしたことは避けられるのを、覚えておきましょう。

光脱毛の下準備として行う自己処理は、簡単で結構です。が、ムダ毛を脱色した状態や、ワックスや美容器具などで脱毛した状態では光脱毛の場合は効果が得られなくなるので、してはいけません。「溶かす」か「剃る」かどちらかの方法で処理するようにしましょう。
先日、友達と共に脱毛サロンに気になる毛を抜きに行ってきました。


お試しモニターとして行ったんですが、イチオシのメニューを聞くと、思っていた通り全身脱毛コースと言われました。



サロン自体も魅力的な内装で待ち時間もいい気分で過ごせました。
施術も丁寧でしたし、店員の接客も良くて、とても満足な内容でした。

脱毛サロンでオススメされた時の相手への断り方とは、毅然と対処とすることが肝心です。契約する意思を見せたり、きちんとした返事をしないでいると、必要以上に勧誘を受けることになってしまいます。

担当者も仕事ですから、好感触であれば、しつこくなります。

しかし、以前のような強引な勧誘は規制されていることもあり、本人の意思に反して、契約させられることはありません。

最近になって、料金の設定を時間単位で行っているクリニックの数が右肩上がりです。医療脱毛について考えてみるとその印象として「費用が高い」というのがありますが、30分間レーザーし放題というようなプランをチョイスすると、いつも気になる部分をまとめて全部脱毛できるという可能性も出てくるかもしれませんね。腕であればこの程度で十分だけど、ワキ、脚はもっと脱毛しておきたいなと思うような場合にも便利ですね。脱毛を一箇所だけでなく複数個所に施したいと考える人たちの中には、複数の脱毛エステに同時に通う人が少ないとは言えません。同じエステに脱毛処理をすべてお任せするよりも、費用がかからないことも多いからです。それでも、掛け持ちの面倒くささは無視できませんし、お金の節約になると限ったわけでもありません。



費用を計算し、施術の結果をきちんと比べて、効率の良い掛け持ちを心がけててください。医療脱毛といっても、施術するときなどは、前もって処理することが大事です。必要のない毛がわさわさ生えていては施術してもらうことができないはずなので、カウンセリング時の指定の長さ通りに自分で脱毛するようにしましょう。
施術の前日には行わず、数日前の処理を行うことにより、施術後の肌に問題が起こりにくくなるでしょう。

脱毛器で脱毛したあとの肌が赤くなることがありますね。
もしかゆくても、こすってはいけません。


時間を置かず風や水にあてて冷やすことでじきに治まります。
肌のほてりや赤みは炎症のせいなので、清潔にした患部をよく冷やすことです。



そのようにしていても赤いままで治まらないときは、そのままにせず、皮膚科のお医者さんに相談してください。化膿したり、乾燥してひび割れてきたり、悪化してきた場合は、絶対に放置してはいけません。
Copyright (c) 2014 メインの一日 All rights reserved.
▲ページの先頭へ